体験談

20代、30代、40代、50代、60代...

投稿日:

ローションパック

若い頃から乾燥肌

40代 、女性、痩せ型です。
若い頃から乾燥肌で、ひどい時には、化粧水や乳液でも肌にピリピリしみるくらいでした。
30代の頃に、雑誌で温水での洗顔が乾燥を進める原因と言う記事を目にしてからは、ぬるま湯での洗顔を心掛けています。
それからは、だいぶ肌は落ち着きました。
もともと、ニキビや皮脂の肌トラブルとは、縁遠かったため、さっぱりタイプの化粧水より、しっとりタイプ、洗浄力の高いメイク落としより、お肌に優しい洗顔石鹸を選んでいたのですが、ちょっと気を緩めると、朝には、ゴワつき、カサカサがはじまります。

これが、「くすみ」かもしれないと言う予兆は、すでに20代にして感じていました。
子どもの頃には、目もとのたるみは、彫りの深い、目のぱっちり大きな人がなりやすいのかなあとぼんやり思っていましたが、あまり関係ないようで、みなさん年齢を重ねると自然にます現れてくるものですね。
幸いにして、目の下にクマができにくいので夜ふかしとかもあまり気にならなかったのです。

30代後半から始めたローションパック

しかしながら、30代後半から、じわじわと危機感を感じつつ、始めたのがローションパックです。
種類がたくさんあるので、目移りしてしまいます。
本当に危機感を感じているときには、たくさん入っている大袋のプチプライスのものを購入しました。
クラシエのオールインワンとかも試してみました。

この時の意気込みは、毎日パックして、一か月後のツヤツヤお肌を想像しながらペタペタ貼り付けていました。
ご褒美の日には、個包装のちょっとお高めのパックを購入して、気合いを入れて貼り付けます。
友人は、韓国コスメがオススメなのですが、私は、ちょっと手を出しにくいです。
説明書きを見ると、貼る時間もそれぞれ違うのですね。
あまり長く貼ると乾燥して、肌には良くないと聞いたことがあります。
なので私は、キッチンタイマーをセットして、たとえ「これ一枚で、化粧水、美容液、乳液効果」とうたっているパックでも、はがした後はしっかりと乳液を塗っています。

ローションパックが目もとにしっかりとつかない

しかし、パックの困ったところは、確かに効果があるし、気持ちも上がるのだけれど、目もとにしっかりとつかないところです。
私の顔のサイズが合わないのだろうか、目もと専用のパックの方が良いのではと思案中ですが、心なしか、目もとの乾燥やシワが気になりはじめています。

目もとの形は、個人で違うし、顔のサイズや形も様々だから、ぴったり貼り付けるのは、難しいのでしょうか。
20代の頃に急に痩せて、目もとがくぼんだときは、一気に老化したように見えて、慌てて目もとクリームやアンチエイジングの美容液に頼ったのですが、なんのことはなく、体重が戻ったらたるんだような目もとは目立たなくなりました。
だけど、年齢を重ねるにつれ、日焼けややけど跡、ちょっとした擦り傷が治りにくくなり、跡が残ってしまうことを考えたら、これからできたシワやたるみは、なかなか簡単には戻らないのだろうなあと覚悟しています。
これからは、無理なダイエットは安易にできなくなるので、「予防」の一言に尽きるのですが、またこの乾燥の季節になり顔だけではなく手や指の乾燥も気になってきました。

 

 

日焼け止めクリーム

あと、気になっているのが、「日焼け止めクリーム」
紫外線がお肌に悪影響なのは、周知の事実ですが、日焼け止めクリーム自体も乾燥を誘発しているのでは無いかと思うことがあります。
美容液入りや肌にやさしいものを選んでいるのですが、やっぱり落とした後も肌がゴワゴワ硬くなっているような気がします。

スティックタイプのアイクリームで目元をケア

今は、朝と夜に資生堂のアクティアハートのスティックタイプで目もとケアをしているのですが、20代からのおつきあいのこのスティッククリームは、なかなか店頭で見かけなくなりました。
長く使っているものなので無くなると困るのですが、もしかしてもっと効果の高い良いケア商品が発売されているのかもと期待しつつ新しいものには手を出しにくいままです。
なにしろ、スティックタイプの手軽さとメイクを重ねても目立たないところが良いのです。

50代、60代になっても目尻にシワひとつ無いというのも不自然なので、柔らかい穏やかな表情が目もとに宿っているといいなと思っています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 目元のお悩み相談所(しわ、たるみ、くすみ、二重) , 2019 All Rights Reserved.