体験談

重たい一重

投稿日:

つけまつ毛

一重のせいで目つきが悪い

私は、23歳の女性です。
生まれつき重たい一重で、ずっと悩んできました。
全体的な顔つきは悪くないと思いますが、一重のせいで目つきが悪く、そして目が小さく見えてしまいそんな自分の顔が嫌いです。

一重に合うメイクを調べ、考えました

悩み出したのが小学5年生くらいからで、その頃はもちろん、化粧などはできないためアイプチを挑戦してみましたが、重たい一重のため数十分もすれば取れてきてしまいノリが浮き出て不格好になります。
毎日アイプチをしたら二重になると信じ、夜につけるようにしてました。

中学に上がり、お化粧を覚えました。
もちろん、学校にはしていけません。
中学では二重にする、ということを諦めて逆に一重に合うメイクを調べ、考えることにしました。
ここで、もう一つ悩みが出来ました。
アイラインを引いて、数時間経つとパンダさんになることです。
当時使っていたのは100均のペンアイライナーでした。
この、パンダさんは今でも悩みです。
多分頬の肉が多いせいで(体型は普通なのですが、顔にお肉がつきやすい体質です。)笑ったときに擦れてしまうのだと思います。

ただ現在はアイラインを引くときは、ウォータープルーフのKATEのアイライナーを用いて随分悩みが解消しました。

 

 

どうしても二重になりたかった高校の頃

高校に上がり、周りはお化粧をし始めたのを見てやっぱり二重の方がメイクが綺麗で可愛いな、とどうしても二重になりたくなりました。
その頃~1年前までは、プチ整形も真剣に考えていたほどです。
調べた知識では、プチ整形には2通りあり、切開して縫う方法と、糸を埋め込む方法でしたが、値段も痛みも凄まじい切開は無理だなと思いました。
糸を埋め込む方法は、本当に手軽で値段も手が届きそうでしたが取れやすいと言うのと、糸が常にまぶたに埋まってるんだろうなと想像しただけで怖くなりました。

つけまつ毛で二重に

プチ整形を考えながらも、今できることを考え高校ではその時流行っていました、つけまつ毛を用いることにしました。
最初は下手くそで上手くつけられませんでしたが、上手くつけられるようになると一重のまぶたがつけまつ毛の接着部のおかげで持ち上がり、二重になることができました!
この、つけまつ毛の方法は高校~5年間くらい用いたメイク方法でした。

ただ、注意点はつけまつ毛選びです。
ナチュラルにしたいけど、接着部が細すぎたり柔らかすぎたら、二重にはなりません。
なので必然的に派手目なつけまつ毛になってしまうのでした。
それと、毎日つけていたのですがつけまつ毛の接着剤はとても強いもので(接着剤が弱いものだと汗などですぐ取れてしまうのです)たまにかぶれてしまうことがあるのがとても辛かったです。
常に、つけまつ毛が取れていないか確認して、取れそうなときはトイレに駆け込むと言うのもとても辛かったし、毎朝接着するのに20分ほどかかるので朝の支度が長く大変でした。
二重になり、目元も強調されるメリットがありますが、これだけのデメリットもありました。

 

 

まつ毛エクステに転換

現在は重たかった一重が何故か奥二重のような二重(相変わらず目が小さいのは悩みです)になりました。
それは、毎日二重になる癖つけをしたからなのか年をとって皮膚が伸びた?からなのかは分かりません。
なので、それを生かしてまつ毛エクステに転換しました。
メリットは、つけまつ毛と違って自然な目元になれました。
朝のメイクの時間もとても短縮し、すっぴんがとてもマシになりました!
デメリットは、メンテナンスが必要なこと、維持費が高い(毎月5000~10000円程度かかります)、目を思いっきり擦ることができないし、タオルなどゴシゴシ拭けません、ポロポロ取れることです。
まだまだ、悩み続けると思いますがその度に新しく対策を練って自分を磨きたいと思います。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 目元のお悩み相談所(しわ、たるみ、くすみ、二重) , 2019 All Rights Reserved.