体験談

パッチリ二重になりたくて、、、

投稿日:

つけまつ毛

一重の目

私は、20代の女性、やせ型です。
美容やメイクに興味がありますが、なるべくならお金をかけたくないと思っています。

私の目元の一番の悩みは「一重の目」です。

中学生までは、あまり気にしていなかったのですが、高校生になると美容やメイクに興味が出てきたと同時に、一重である自分の目がコンプレックスになってきました。
そこで、高校からアイプチを愛用するようになり、社会人3年目まで毎日アイプチを使用していました。
アイプチの取り方が悪かったのか瞼に赤みが出て、余計に腫れぼったくなってしまいました。
今更、アイプチをしないで人に会えないと悩んでいた時に、救世主が現れました。

二重にするシール

それは、「プリュドール ナチュラル バレないふたえ」のナチュラルタイプです。
このシリーズにセパレートタイプという二重の幅が広くできるものもあるのですが、上手く使いこなせなかったので、初めて使う場合は、ナチュラルタイプがオススメです。

この商品の特徴は、アイシャドウがのることです。
肌色で表面が少しザラザラしているので、アイシャドウを上からのせることができます。
アイシャドウをのせないとテープを貼っていることが分かってしまうので、ナチュラルにしたい方は、ファンデーションで隠して下さい。
これを使っていれば、目を閉じていても自然です。
電車で思いっきり寝ることができます。

つけまつ毛を一緒に使って綺麗な二重に

この商品を使う際に、つけまつ毛も一緒に使うことをオススメします。
なぜなら、一重の方は、まつ毛が下向きに生えていて、瞼が重いという特徴があります。
時間が経つと、シールが瞼を支えられなくなり、見すぼらしい目元になります。
そのために必要なのがつけまつ毛です。
つけまつ毛がシールを下から支えてくれるので、綺麗な二重が持続します。
是非、合わせて使ってみて下さい。

 

 

涙袋がない

2番目の悩みは「涙袋がないこと」です。
数年前から流行っている涙袋。

流行る前は気にしたことがなかったのですが、涙袋があると目が大きく見えるので、自分で勉強して、普段のメイクに取り入れています。
涙袋用のメイク商品も多く出ていますが、持っているメイク道具で代用しています。
使うのは、アイブロウ(パウダータイプ)、ハイライト(アイシャドウの中にある白)を使います。

メイクでカバー

まず、ハイライトを使って、涙袋をつけたい箇所に塗っていきます。
次に、涙袋の影をつけたいので、アイブロウのパウダーをほんの少し筆にとり、筆の接地面が一本の線のよう爪を立てて潰します。
影をつけたい箇所に、スタンプを押す要領で、3か所ほど押し、パウダーをぼかします。

最初は加減がわからないと思うので、薄めにしてください。
目の下に色々塗っているので、デートの時はこまめに鏡で確認するようにしましょう。
最悪の場合、クマができているように見えてしまいます。

 

 

まつ毛が少ない

3番目の悩みは「まつ毛が少ないこと」です。
つけまつ毛を取る際に、必ず2本は抜けます。
まつ毛エクステが流行っていますが、サロンが出始めた当初、事故が相次いだので、怖くて通うこともできません。
さすがに金銭的余裕もありません。
ただでさえ少ない私のまつ毛を増やしたい、そう思っていた時にテレビのコマーシャルが流れてきました。

まつ毛美容液

それは、「スカルプD まつ毛美容液」です。
知っている方も多いかと思いますが、本当に効くのか半信半疑だったので、購入者レビューを検索してみました。
すると、3日後に効果があったなど、評価が高いことに驚きました。
その評価につられて購入しましたが、今まで生えてこなかった箇所から産毛が生え、毛も太くなったような気がします。

今までの私ならまつ毛にお金をかけるとは思いもしなかったのですが、効果が出ているので、楽しんで続けています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 目元のお悩み相談所(しわ、たるみ、くすみ、二重) , 2019 All Rights Reserved.