体験談

年と共に増えてくる目の周りの悩み

投稿日:

ストレッチをしている女性

目元の悩みが一番深刻

40代、主婦です。
年齢を重ねるにつれて、自分の顔の一番のチャームポイントだったはずの目元の悩みが一番深刻になってきました。
目元だけでも悩みがいくつもあるのです。

目の周りの小じわ

その悩みの一つ目は、目の周りの小じわです。
年齢的にしわができるのはある程度仕方がないにしても、1本でもしわがあるのとないとでは見た目年齢が大きく違ってきます。
メイクをする時などは無表情で鏡の前に立っていたので気付いていませんでしたが、35歳を過ぎたある日、写真に写った笑顔の自分の顔を見てショックを受けました。
おばさんである自覚を持っていたつもりでしたが、笑い顔がここまで酷いとは思っていませんでした。
出来ればずっと無表情でいたいと思ってしまうくらい笑顔がおばさんです。

まぶたのたるみ

二つ目の悩みは、まぶたのたるみです。
若い頃はすっぴんでも目力のある大きくきれいな目だったはずなのに、今ではどこかぼんやりとした眠そうな印象の目になってしまいました。
アイシャドウののりも若い頃とは大違いで、まぶたの皮がブヨブヨと動いてしまって塗るのが難しく感じます。
こんな所にも年齢が出てしまう事にこれまたショックを受けています。

目の下のくま

三つめの悩みは、目の下のくまです。
これは今始まった悩みではなくて、昔からの悩みなのですが、顔立ちのせいなのか血流が悪いのか、常に目の下が青黒いのです。
特に疲れている時や具合が悪い時などはいつもよりも色が濃くなるので本当に気になってしまいます。
もともとくまがあった部分に今ではたるみも加わって更に目立つようになってしまいました。 

くまに関しては、昔から気になっていた事もあって、一時期アイクリームやくまの部分に貼るシート状のパックを使ったりしていたのですが、数年続けた割に効果が見えず、金銭的に続けるのが厳しいのもあってやめてしまいました。
顔のマッサージなども試しましたが、くまをなくすほどの効果は出ず、意外と時間が掛かり面倒になってしまいこれもやめてしまいました。
くまの部分に明るいコンシーラーを付けてごまかすという手も使っていましたが、年齢が上がるにつれ、メイク料を重ねれば重ねるほどその部分がヨレやすくなり、隠したいのに逆に目立ってしまう事に気付き、今ではやらなくなってしまいました。

 

 

生活習慣全般を見直す事にしました

結局、基礎化粧品で何とかしようとしても金銭面、効果共に限度があり、メイク料で隠しても根本的な解決にはならないので、化粧品に頼るのをやめて、生活習慣全般を見直す事にしました。

もともと、早寝早起きで、タバコもお酒もやらなかったので、それはそのまま続ける事として、取り入れたのが、毎日の軽いウォーキングとストレッチです。
いくら体にいい事でも続けられないと意味がないので、雨の日や体調が優れない時はお休みしてしまうなど、自分にストレスをためないようにのんびりやっています。
もともと冷え性の悩みもあったので、歩く事で体がポカポカ温かくなっていい感じです。
私のくまは、体調が悪い時の方が目立つので、出来るだけ元気でいる事が一番の解決策のように思います。

週に数回の蒸しタオル

そして、もう一つやっているのは、週に数回の蒸しタオルです。
これはもともと顔の毛穴が気になるので始めた事なのですが、タオルで顔を覆って温めるついでに目元のツボ押しもやってしまえば一石二鳥なので続けています。
温めるとリラックスできるし、肌が明るくなるような気がして気に入ってます。

近所を歩いたり、時々蒸しタオルをする位ならお金はかからないし、短時間なので無理なく出来るので出来る限り続けてみようかと思っています。
若い頃のようなピンとしたハリは戻らなくても、せめて今の状態を維持出来ればいいなと思っています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 目元のお悩み相談所(しわ、たるみ、くすみ、二重) , 2019 All Rights Reserved.